スポーツ障害でお悩みの方

スポーツ障害は、スポーツ(運動)をすることで起こる障害や外傷などをいいます。使い過ぎ障害、使い過ぎ症候群ともいわれています。

長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害でスポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく見られる障害です。

一般の疾病や障害と異なって、故意に過度な運動をおこなった結果として特定条件下での発生がみられる事ですので、研究事例が多く、また 研究者や患者、そして患者を支援するチームメンバーなどの間で情報共有がもたらされ、傾向や特定条件の推測、そして予防と治療において、近年ひじょうに進化の早い分野と解釈できます。

そのような背景をもとに長年、地域のスポーツ振興に選手として、指導者として、はたまた治療者として関わってきた当院としてはスポーツ障害対応が最も得意な分野といっても過言ではありません。

そして多くの症状を観察、治療、解決を重ねるうち、たどり着いたのが整筋治療という「筋肉の障害」に対する治療法体系です。

整筋治療とは文字のとおり「筋肉の障害」を取り除くことで、多くの場合 そのスポーツを休んだり中断することなく、パフォーマンスの低下を最小限にとどめることが可能です。

また、こまめに身体のメンテナンスを行うことで、プレーのパフォーマンスが上がり、一つ上のステージでプレーできるようにもなるでしょう。

このような長所を備えた整筋治療は、もう試されましたか?

  • 本気でスポーツに取り組んでいる方
  • スポーツが生計手段になっている方
  • 身体を使う仕事で、そうそう仕事を休んではいられない方
  • 特定のスポーツに打ち込んでいる成長期のお子さん


単なるスポーツ障害にとどまらず、生活全般を含めたうえで上記の項目が気になった方は当院までご相談ください。

代表的なスポーツ障害

部位代表的な症状例
首の障害 むちうち症
肩の障害 野球肩- 水泳肩 - テニス肩 - ゴルフ肩 - バレーボール肩 - バドミントン肩
上腕の障害 上腕二頭筋長頭腱炎
肘の障害 野球肘 - テニス肘 - ゴルフ肘
前腕の障害 前腕屈・伸筋の腱鞘炎
手の障害 ド・ケルバン病
腰の障害 腰椎分離症 - 腰椎すべり症 - 梨状筋症候群 - 筋筋膜性腰痛
大腿の障害 肉離れ
膝の障害 ランナー膝、オスグッド・シュラッター病 - 腸脛靭帯炎 - 鵞足炎 - ジャンパー膝 - サッカー膝
下腿の障害 シンスプリント - アキレス腱周囲炎 - アキレス腱滑液包炎- アキレス腱断裂
足の障害 フットボール足 - 足底筋膜炎 - 踵骨骨端症 - 捻挫
その他の障害 疲労骨折 - 筋痙攣

※このページは、近隣にお住まいの患者さんだけでなく全国のスポーツを志す患者さんに向けて書いているので、より一般的な名称、分類での表示を心掛けています。よって、Wikipediaからの転載を含んでいます。

申し訳ありませんが、このウェブサイトを閲覧することができません。

あなたは、マイクロソフト Internet Explorerの大変古いバージョンを使用しているため最近のWebブラウザにアップグレードしてください。

Mozilla Firefox Microsoft Internet Explorer Apple Safari Google Chrome